現代社会学科 お知らせ

現代社会学科 高橋ゼミ活動報告

2016/11/15

 コミュニケーション力としての美しさを自己アピール !

 高橋真ゼミでは、1031日(月)4時間目と5時間目(午後230分から午後6時まで)に、フランスのパリ・コレクションで活躍され、大手化粧品メーカーの商品開発にも関わってこられている仙台在住のメイクアップ・アーティスト猿渡英矢(エンドウ ヒデヤ)氏をお迎えして、就職活動で自分を際立たせる服装・髪型とメイクについてのお話をいただきました。

会終了後に、猿渡氏を囲んで(高橋ゼミの2年から4年まで参加)

会終了後に、猿渡氏を囲んで(高橋ゼミの2年から4年まで参加)

 その中で、猿渡氏によれば、現在、多くの学生が就職活動で着用している黒のスーツは自分を埋没させてしまう効果もち、自分を際立たせるのであれば紺のスーツが適していること(黄色人種に合う色)や前髪をあげて額を出すことで明るさと親近感を相手に伝えることができる、などの貴重なアドバイスを頂きました。

女子学生にアドバイスしている猿渡氏

女子学生にアドバイスしている猿渡氏

 また、参加した学生(男子と女子)の中の数人は、猿渡氏から直接メイクをしていただき、有意義な時間を過ごすことができました。実際に猿渡氏によるメイクをしてもらった女子学生は、これまでの美しさにさらに美しく、輝きをもって変化していく様子に、周りにいた全員が驚嘆の声をあげました。 



男子学生の髪型についてアドバイスしている猿渡氏

男子学生の髪型についてアドバイスしている猿渡氏